近年ペットを飼う家庭は多いと思います。それに伴って『ペット可』の賃貸物件も多くなってきました。しかし『ペット可』は『臭いも可』ではありませんし、ましてや『汚しても可』でもありません。そのため日頃から気を付けていないと退去の時に大変なことになってしまいます。持ち家だからといって、あまり気をせずにいると、大切な家の資産価値の低下につながります。

臭いは住んでいるとどんどん鈍感になってしまいます。ペットと暮らす場合、掃除=消臭といってもオーバーではありません。臭いは舞っている埃にさえ付着します。それを放っておけばそこから臭いが部屋に定着してしまいます。常に換気をし、埃などを取り除き、消臭剤を使い分けるなどの対処が必要です。ペット用のトイレも排泄したら、早く処理しましょう。臭いは時間をおくと壁紙や床材に染み込んでいきます。ペット自体も気になったらシャンプーするなど防臭に気を付けましょう。

それでも気になってきたらハウスクリーニングを利用してみましょう。専用の機材や薬剤を使用して、ペット臭だけでなくたばこ臭などの生活臭を取り除くことができます。ほとんどの業者で使用する薬剤は、人体やペットに安全なものですが、業者によって違うので、依頼する前に確認することが大切です。また『日本除菌脱臭サービス協会』の脱臭マイスターの有資格者が立ち会って、オゾンを使用して徹底的に脱臭する業者もいます。

ペットが粗相してしまったときは、すぐに処理しなければなりません。床がコーティングされているならならまだしも、カーペットやソファにされてしまうと中に染みてしまいます。できることは、とりあえず水拭きして、消臭するくらいでしょうか。しかし、それだけでは内部に雑菌が繁殖してしまい、衛生的によくありません。お子さんがいるお宅では特に心配です。ハウスクリーニング業者は、プロの技術で洗浄し、消臭・除菌まで行います。例えばカーペットの場合、バキュームで埃やゴミ、ペットの毛を取り除きます。次に専用の機材と洗剤で洗浄します。次に洗剤をよくすすいで、汚れと臭いが落ちたのを確認して乾燥させます。状態によっては、防臭コーティングをすることもできます。臭いの元が壁紙や床材の下の建材にまで浸み込んでしまったときは、臭いも被害も深刻です。『環境改善リフォーム』を行っている業者もありますので、染み込んだ部分を取り替えて、臭いの元を取り除きます。

かける予算とどの程度まで消臭するかによって、料金も作業内容も変わってきます。いくつかの業者の見積もりを取って、よく比較検討して納得できる業者に依頼してください。