≪材料≫2人前 

  ・マナガツオ 1尾、ニンニク・唐辛子(みじん切り) 各小さじ1、パプリカ 1個、

   パクチー 適量、片栗粉 適量、水 200㏄

   あんかけ用調味料(ナンプラー・ハチミツ・ライム汁・チリソース 各大さじ1、

   鶏がらスープの素・和風だしの素 各小さじ1)

≪作り方≫

  • マナガツオを三枚におろし、身の部分はひと口大に切り、片栗粉をまぶして180℃の油で

素揚げにします。

  • 頭と背骨はカリカリになるまで揚げます。
  • パプリカは縦半分に切って、種を取り、千切りにします。
  • 鍋に油を入れ、ニンニクと唐辛子を炒めます。
  • 香りがたったら、水とあんかけ用調味料を入れて沸騰させ、水溶き片栗粉を入れてとろみをつけます。
  • 皿にマナガツオの骨を置き、素揚げの身を盛り付け、熱々のあんを掛けます。
  • パプリカとパクチーを飾り付けたら出来上がりです。

≪ポイント≫

  ・骨を揚げることで丸ごと食べることができます。

  ・ナンプラーがなかったら、薄口しょう油を大さじ1とレモン汁大さじ⅓で代用できます。

  ・甘くて辛くて酸っぱいあんが食欲をそそります。