≪材料≫4人前
・そら豆 500g(正味 150gくらい)、茹でたタケノコ 250g、高菜漬け 50g
・オイスターソース・しょう油 各大さじ1、鶏がらスープの素・酒 各小さじ1、水 1カップ
≪作り方≫
①そら豆は、さやから取り出します。(ふきんを絞るようにさやをひねると取り出しやすいです)
②そら豆の皮の黒い部分の反対側に、包丁の先で縦に2~3㎜の切れ目を入れます。
③鍋に湯を沸かし、塩小さじ1(分量外)を入れて、そら豆を4分ほど茹でます。
④茹であがったら、冷水に入れて冷まし、皮をむいておきます。
⑤タケノコの穂先は長さ5㎝に切り、縦に8等分に切ります。根元は4㎝に切り、幅1.5㎝の短冊に切ります。
⑥ボウルにタケノコを入れ、しょう油を加えて絡めます。
⑦高菜漬けは、さっと水で洗って水気を絞り、みじん切りにします。
⑧フライパンに油を入れて中火で熱し、タケノコを炒めます。
⑨⑧に油が回ったら、⑦を加えて炒め合わせ、水、オイスターソース、鶏がらスープの素、酒
とそら豆を入れて、3~4分ほど煮たら出来上がりです。

≪ポイント≫
・茹でる前にそら豆の皮に切り目を入れると、皮がむきやすくなり、程よく塩味もしみ込みます。
・ご飯がすすむボリューミーなおかずです。
・そら豆とタケノコの食感の違いを味わってください。

*タケノコの種類
・孟宗竹(もうそうちく)
中国江南地方の原産で代表的なタケノコ、大型で厚みがあり、実は白くて柔らかくえぐみも少ない、独特の甘みを含んだ上品な味わいと歯ごたえがあります。

・真竹(またけ)
細めのタケノコで、皮にうぶ毛がなく黒い斑点があるのが特徴、味はしっかりとしていますが、アクや苦みも強いほうです。

・淡竹(はちく)
孟宗竹より細く、粉をふいた淡い緑でとても美しいですが、一般市場にはあまり出回っていません。