≪材料≫4人前
・新玉ねぎ 1個、春キャベツ 半玉、長ネギ 1/2本、豚小間肉 200g、ブラックペッパー 適量
・タレ用(ニンニク 1片、レモン汁大さじ3、鶏がらスープの素 大さじ2、塩 小さじ1)

≪作り方≫
①新玉ねぎは半分にしてくし形に切り、キャベツはざく切り、長ネギはみじん切りにします。
②ニンニクはすりおろして、タレ用調味料を混ぜておきます。
③フライパンにゴマ油(分量外)を熱して、豚小間肉を炒めます。
④豚小間肉のに火が通ったら、②のタレを入れてからめます。
⑤④に新玉ねぎと春キャベツを入れて炒めます。
⑥しんなりしてきたら、長ネギとブラックペッパーをふって出来上がりです。

≪ポイント≫
・フライパン一つで簡単です。
・さっぱりと旬の野菜の味を活かしたレシピです。
・野菜をたくさん食べられるレシピです。
・お弁当のおかずにもなります。

*新玉ねぎ、新キャベツ、新ジャガイモ、新ニンニク、どれもピカピカで瑞々しいです!1年を通してたいていの野菜が手に入るのに、『期間限定』というのはとても魅力的です。
新玉ねぎは、地上の葉が枯れるのを待たずに収穫したものです。葉が枯れてから収穫し、吊るして乾燥させたものがよく知っている玉ねぎ(黄玉系)です。白っぽいのは白玉系という別品種で、乾燥には向かないそうです。水分が多く傷みやすいので、早めに食べきりましょう。

新キャベツは、春用の品種で春キャベツとも呼ばれます。ギュッと詰まった寒玉系と呼ばれる冬キャベツに比べ、巻きが緩くまるでレタスのようです。生食かサッと火を通すくらいで食べたいです。新ニンニクは、生まれたての赤ちゃんのようで、刺激も柔らかです。