≪材料≫4人前
・ブロッコリー 1株、エビ(今回はブラックタイガー)、赤パプリカ 1個
・塩こうじ・酒 各大さじ2

≪作り方≫
①エビは、殻をむき背ワタを取って洗い、水気を切って酒をふって、しばらくおきます。
②赤パプリカは、半分にして種を取って、乱切りにします。
③ブロッコリーは小房に分け、フライパンに入れ、水50ccを入れて強火にかけます。
④フタをして、途中で返しながら3分蒸し焼きにます。水が残ったら捨ててください。
⑤中火にして、軽く水分を飛ばしながら、赤パプリカと酒につけたエビをそのまま入れて炒めます。
⑥エビの色が変わったら、塩こうじを入れて炒め、全体に馴染んだら出来上がりです。

≪ポイント≫
・シンプルに素材と塩こうじの風味を生かしたレシピです。
・ブロッコリーは、竹串などで硬さを調整してください。
・冷めても美味しいので、お弁当にも入れられます。

*塩こうじ 東北地方の伝統的な食品三五八(さごはち)漬けの漬床がそのルーツと言われる日本の調味料です。三五八漬けが、塩・こうじ・米を3:5:8の割合で混ぜて野菜や魚の漬物床とするのに対し、米抜きでより簡略にこうじと塩、水を混ぜて、毎日1回かき混ぜながら常温で10日ほど寝かせ、発酵・熟成させたものが塩こうじです。

塩こうじに含まれた酵素が、食品のデンプンやタンパク質を分解して、ブドウ糖やアミノ酸に変え旨味が引き出されます。肉の下味つけ、魚の塩焼き、煮物や汁物の仕上げなどに使ってみると本当に便利です。塩こうじを料理に気軽に取り入れて、料理をワンランクアップさせましょう。