≪材料≫ 4人前
・豚薄切り肉(部位はお好みで) 300g、
豆腐 300g、ほうれん草 1束、
長ネギ 3本、シイタケ 8個、 エノキ茸 1袋
・煮汁用調味調(水 3カップ、しょう油・みりん 各大さじ3杯、だしの素 8g、めんつゆ(3倍濃縮)・砂糖 各大さじ2杯、生姜のすりおろし 少々)


≪作り方≫
①長ネギは3cmほどの斜め切りにします。
②シイタケはひと口大に切り、エノキ茸は石突を落として半分に切ります。
③ほうれん草はざく切りにして、洗って水気を切っておきます。
④鍋に煮汁用調味料をを入れて火にかけます。沸騰したらほうれん草以外の野菜を入れます。
⑤④が沸騰したら、豚肉を入れます。
⑥⑤がひと煮立ちしたら、ひと口大に切った豆腐を加えます。
⑦⑥が沸騰したらフタをして弱火にし、20~30分に煮ます。
⑧最後にほうれん草を入れて、サッと煮たてて2~3分煮たら出来上がりです。


≪ポイント≫
・ほうれん草はすぐに火が通るので最後に入れてください。
・豆腐はお好みですが、木綿の方が崩れにくいです。
・ある野菜で作れます、人参を入れると彩りがキレイです。


*生姜 3世紀ごろ中国から日本に主に薬用として伝わって、栽培されていました。江戸時代のあたりから一般的な食用として親しまれてきました。現代の日本においても、医療用の漢方薬の約7割に生姜が使われています。色々な種類がありますが、効果効能に違いはありません。日本で栽培される生姜の品種
〔大生姜〕1株で1kg前後と大きく、年間を通して生鮮用や漬物などに使われます。一般的に野菜売り場に並んでいる生姜です。
〔中生姜〕大生姜に比べて小さめで辛味も強い品種で貯蔵せず、主に漬物や加工品に使用されることが多いです。
〔小生姜〕1株400g程度と小さめで、辛味は強く、生で味噌をつけて食べる他、魚料理の付け合わせに利用されます。