バターチキンカレーは、インドでは、ムルグマカニと言われマイルドなカレーソースと鶏肉をあえたインド料理です。インドでは、鶏肉をヨーグルト、レモン汁、スパイスに数時間漬け込み味をつけます。スパイスは、コショウ、ショウガ、ガラムマサラ、コリアンダー、ニンニク、クミン、トウガラシターメリックを使います。

バターチキンカレーの食材(4人分)は、鶏もも肉400グラム、ヨーグルト200グラム、にんにく2片、しょうが1片、青唐辛子2〜3本(お好みで)、トマトピューレ1缶240グラム、牛乳500ml、カレーパウダー小さじ2、バター少々、ケチャップ少々です。
バターチキンカレーのレシピは、鶏肉をヨーグルトに30分つけ味をしみこませます。次にカレールゥを作ります。フライパンでバターを炒め、トマトピューレを入れにんにくと生姜をすりおろし、バターと炒めます。最後に牛乳を入れます。ここで青唐辛子を薄く輪切りにしてカレールゥに入れます。

フライパンでつくったカレールゥに先程漬け置きしていた鶏もも肉を一口サイズに切り入れて炒めます。