幼児期の子供が食べるのを嫌がるからといって、「その食べ物が嫌い」とは限りません。食べなれていないことや飽きてしまったこと、食べづらいことが原因の場合もあります。

食べ物の経験や情報が加わり、食材に対応が出来るようになるため、「必ず一口は食べようね」「おかわりは全種類に口をつけてからね」というように、大人が食べる種類を決めていきましょう。また、あきらめずに調理法や演出を工夫することも大切。

苦手なものでも食卓に出し続けて、食べてみようかな。と思った時に手を伸ばして食べられる環境を作っておくことが必要です。ただ、無理強いはせず、苦手な食材を受け入れる時まで気長に待ちましょう。また、大人が「美味しい」と言って、美味しそうに食べる姿を見せることで、子供の好き嫌いの軽減につながりますよ。

苦手な野菜の味を和らげる工夫

・旨味のある食品を組み合わせる(肉、ハム、ベーコン、油揚げ、鰹節、しらす干し)
・よく茹でて、アクを取り除いてから調理する
・はじめのうちは、ごく少量を使う(特にセロリ、ピーマンは彩り程度が良い)
・細かく刻む、すりおろすなど、その野菜とわからないように隠し味的に使う(玉ねぎ、にんじんなど)
・揚げて、油の旨味やコクを利用する (なす、オクラ、にんじん、ごぼう、れんこんなど)
・だしの味を効かせる
・ごまや醤油などの香ばしい香りをきかせる(青菜の和え物、炒めものなど)
・飾り切り、型抜きなどをして親しみやすくする
・みそ汁の具にして、味に慣れさせる(2~3種類の食材を組み合わせて、コクのある油揚げとの組み合わせが◎)

食材別対処法

○ほうれん草、チンゲン菜、小松菜などの青菜類
青菜に含まれているシュウ酸はえぐみがあり、食べにくいため、しっかり茹でて、アクを抜いてえぐみを和らげましょう。バターや油で調理すると、えぐみをカバー出来ます。小松菜、チンゲン菜などの比較的えぐみの少ないものから慣れさせていきましょう。

○大根
煮た時の臭いや生のシャリシャリとした食感が苦手な理由に挙げる子供が多いです。生が苦手なら火を通し、火が通っているのが苦手なら生で、というように子供に合わせて調理をする必要があります。みそ汁の具にすると食べやすくなります。大根は下が辛いので、上の辛くない部分を使うと、子供は食べやすいですよ。

○セロリ
筋が残りやすく、独特の香りが強いため苦手な子供が多いです。

○にんじん
小さく刻んで加熱すると、柔らかくなりにくく、粒が残りやすく、甘みが出ないので、かえって食べにくくなってしまいます。小さく切るより、大きめに切って加熱するほうが柔らかくなり、甘みも出て食べやすくなります。型抜きをして興味をそそる演出をするのも良いですね。

○ピーマン
臭いが苦手な子供には、色が悪くなるくらい茹でてから調理しましょう。慣れてきたら、細かく刻んで彩りに使うのも◎。

○なす
皮と実の食感の違いが苦手だったり、なんとなく嫌いという子供も。皮をむいて、みそ汁の具にすると食べやすくなります。また、ひき肉などコクのあるものを合わせるのも◎。

○オクラ
ネバネバが苦手な子供には、茹でたり、素揚げにしたりするとネバネバが無くなるのでオススメ。星形を生かした切り方をすると、視覚的に親しみやすくなる。

体験を通じて食べ物と仲良しに

子供のうちに「食」の大切さを知っておけば、大人になっても食生活が乱れることはありません。小さいころから食べ物と仲良くさせて、食の大切さを教えましょう。

●食べ物に触れよう
食べ物を自分の目で見る、触る、持つ体験をさせると、食べ物に対する親近感がわいて大切にしたり、好奇心や食欲が増します。
●作る楽しさを体験!お手伝いで料理に参加
食べ物が料理になっていく様子は見ていて楽しく、子供は料理が大好き。最初はこねる、丸めるなどの安全な手作業から始めましょう。自分がお手伝いした料理が特別な存在となり、残さず食べます。
●しりとりやクイズ、絵本で楽しく覚える
子供が知っている食べ物や料理名での“しりとり”や、「みそ汁に入っている青菜はなあに?」などのクイズは、子供が楽しみながら自然とおぼえられるので効果的です。
  

なすのピザ風

ピザ風にすることで、なすの食感が食べやすく、子供の好きな味に!
材料:(2人分)
なす     …2個
ケチャップ  …大さじ2
ピザ用チーズ …60g
サラダ油   …大さじ1
作り方:
①なすはヘタをとり、縦半分に切りケチャップを塗る。
②フライパンにサラダ油を塗り茄子を並べピザチーズをのせ、なすが柔らかくなるまで焼く。
*なすは1cm位の厚さの斜め切りにしてもよい。

オクラ入りスープ

みそ汁、コンソメスープなどに星形のオクラを浮かせて楽しもう!
材料:(2人分)
オクラ…2本
作り方:
①オクラを茹でて、5mmの薄切りにしたオクラをみそ汁やスープの上に浮かせる。

オクラの納豆和え

納豆に刻んだオクラを入れて、ネバネバにプラス!納豆の味でオクラの味をカバー!
材料:(2人分)
納豆 …2パック
オクラ…2本
作り方:
①オクラは茹でてみじん切りにする。
②納豆をほぐし、刻んだオクラと和える。

菜の花和え

めんつゆで味を整えることで甘みをプラス!子供も食べやすい味に。
材料:(2人分)
チンゲン菜…1株(ほうれん草、小松菜でも良い)
にんじん …40g
卵    …1個
サラダ油 …小さじ1
めんつゆ …大さじ1弱
作り方
①チンゲン菜は茹でて3cm位の長さに切る。
②にんじんは千切りし、ボイルする。
③卵に塩少々入れ、フライパンに油をひき、細かな炒り卵を作る。
④ボールにチンゲン菜、人参、炒り卵、めんつゆを入れ混ぜ合わせる。

にんじん入り玉子焼き

子供が好きな玉子焼きに、にんじんで彩り良く!
材料:(2人分)
卵…2個
にんじん…1/4本
みりん …大さじ1
砂糖  …大さじ1
塩   …小さじ1/2
サラダ油…小さじ2
作り方
①人参はすりおろし溶き卵と合わせる。調味料と混ぜ合わせフライパンで焼く。

野菜コロッケ

にんじんを潰して、甘みのあるコーンをコロッケに入れることで人参の臭いが気にならなくなります。
材料:(2人分)
じゃが芋 …2個
にんじん …20g
コーン缶 …大さじ2
塩こしょう…少々
小麦粉  …大さじ1
卵    …1/2個
パン粉  …1/4カップ
サラダ油
作り方:
①じゃが芋、人参は蒸して潰し、混ぜ合わせておく。
②①にコーン、塩こしょう入れ、小麦粉、溶き卵、パン粉をつけサラダ油で揚げる。
(ひき肉を入れても良い)

ピーマンのきんぴら

子供の嫌いなピーマンも甘みのあるパプリカと炒めることで色彩がよくなります。
材料:(2人分)
ピーマン   …2個
赤パプリカ …1個
黄色パプリカ…1/2個
サラダ油   …小さじ1
だし醤油  …大さじ1
塩     …少々
みりん   …大さじ1と1/2
作り方:
①赤パプリカ、黄パプリカは皮が固いため、焼いて皮をむいておく。
②ピーマン、パプリカを細切りし、サラダ油で炒めて、醤油、みりんで味付けし、塩で味を整える。
(味はバターでいため塩、こしょうの味でも良い)

はんぺん入りピーマンフライ

ピーマンに、はんぺんを詰めて油で揚げることで、ピーマンの苦味を抑えます!
材料:(2人分)
ピーマン…2個
はんぺん…1枚
小麦粉 …大さじ2
卵   …1/2個
パン粉 …1/2カップ
サラダ油…適宜
ケチャップ…適宜
作り方:
①ピーマンは縦半分に切って種を除き、内側に軽く小麦粉を振っておく。
②はんぺんは4等分にし、ピーマンの内側に埋める。
③小麦粉、卵を混ぜ合わせ、ピーマンをくぐらせパン粉をつけてサラダ油で揚げる。
④お好みでケチャップをのせる。

ツナとじゃが芋のスパニッシュオムレツ

卵の黄色は子供の食欲をそそる色!色とりどりの野菜を入れて楽しいおかず!
材料:(3人分)
じゃが芋…1個(120g)
ブロッコリー…1/3株(100g)
玉ねぎ…1/4個(50g)
赤パプリカ…1/2個(80g)
ツナ缶…大1缶(120g)
バター…大さじ3
卵…3個
塩、こしょう…各少々
ピザ用チーズ…30g
作り方:
①じゃが芋は皮をむいて1cm角に切り、耐熱容器に入れてラップをかけて電子レンジで1分弱加熱する。ブロッコリーは小房に分け、軸を一口大に切り、熱湯で色よく茹で、水気を切る。玉ねぎは1cm角に切り、赤パプリカはヘタと種を取り除いて1cm角に切る。ツナは汁気を切る。
②卵を割りほぐし、塩、こしょう、ピザ用チーズを加えて混ぜる。
③フライパンにバターを熱し、①を炒める。②を流し入れて、半熟状になったら極弱火にして蓋をし、8~9分蒸し焼きにする。表面が固まったら、ひっくり返して2分ほど焼く。

ほうれん草のグラタン

ホワイトソースでほうれん草のえぐみをカバーしてまろやか!鉄分とカルシウムも補給!
材料:(2人分)
ほうれん草…5株(150g)
バター…小さじ2
塩、こしょう…各少々
ホワイトソース…1/2カップ
粉チーズ…大さじ2
粉チーズ…大さじ1
作り方:
①ほうれん草は熱湯で色よく茹で、冷水に取って手早く冷まし、水気を絞って3cm長さに切る。
②フライパンにバターを熱し、①を炒め、塩、こしょうで味を整えて取り出し、耐熱皿にのせる。
③aを混ぜ合わせ、②にかけ、粉チーズをふり、オーブントースターで焦げ目がつくまで5~7分焼く。

にんじんのピーナッツバター和え

ピーナッツバターは子供が好きな味!にんじんの独特の甘みをピーナッツバターがカバー!
材料:(2人分)
にんじん…150g
ピーナッツバター…小さじ1
しょうゆ…小さじ1/2
砂糖…小さじ1/2
作り方:
①にんじんは皮をむいて5mm角の棒状に切り、水から茹で、水気を切る。
②ボウルにaを混ぜ合わせ、①をあえる。