≪材料≫4人前
・豚ひき肉 100g、レンコン 15cm、玉子 1個、乾煎りしたおから 2/3カップ、塩コショウ 適宜、あればナツメグ 適宜         
・野菜ソース(キノコ類、ほうれん草 適量、酒 大さじ2杯、顆粒の昆布だし 小さじ1杯、水溶き片栗粉 適量)

≪作り方≫
①レンコンの2/3はすりおろし、1/3は粗みじん切りにします。
②野菜ソース用のキノコ類とほうれん草を2~3cmに刻みます。
③①に玉子、おから、ひき肉、塩コショウ、ナツメグを加えてこねます。
④②を4等分して形をととのえます。
⑤少量のオリーブオイルをひいたフライパンで③を焼き、両面に焼き色がついたら弱火にして、フタをして3分蒸し焼きにします。
⑥④をお皿に取り出し、そのままのフライパンで、刻んだキノコ類、ほうれん草を炒めます。
⑦火が通ったら、酒、顆粒の昆布だしで味を調えます。
⑧水溶き片栗粉でトロミをつけてハンバーグにかければ出来上がりです。

≪ポイント≫
・レンコンをすりおろしと粗みじん切りにすることで、モチモチとシャキシャキのふたつの食感が楽しめます。
・おからを使っているので、とってもヘルシーです。
・ハンバーグ自体があっさり味なので、ソースはお好みで色々試してみてください。

*おから 豆腐を作る際の豆乳を絞った残りかすの部分になります。卯の花あるいは雪花菜とも呼ばれ、いずれも絞りかすという名称を隠すためのものです。一種の風味があって料理に用いられますが、大部分は家畜の飼料に使われています。最近ではヘルシー志向の影響で、ハンバーグやコロッケに混ぜたり、クッキーやケーキの下地にも使われています。冷凍保存ができるので、小分けにして冷凍しておくと色々使えます。

*ナツメグ 東南アジア原産のニクズクの種子で、古くから健胃剤、香料、嗜好品として用いられています。コショウ、シナモン、クローブと並ぶ4大香辛料のひとつで甘くエキゾチックな香りとまろやかなほろ苦さが持ち味です。その風味は、ひき肉料理と相性がよく、ハンバーグやミートローフなどに欠かせないほか、クッキーやドーナツなどにも用いられます。