≪材料≫4人前
 ・小松菜 1袋、鶏むね肉 1~1枚半、エリンギ 1本、しめじ 1パック           
 ・中華スープの素 小さじ1½杯、片栗粉 大さじ1杯強、塩コショウ 適宜
  水 120cc、ゴマ油 大さじ1杯

≪作り方≫
①鶏むね肉はそぎ切りにし、塩コショウを掛けた後片栗粉をまぶします。
②小松菜は5cmのざく切り、エリンギも細くカットします。
③しめじは小房に分けます。
④ゴマ油で鶏むね肉を炒め、火が通ったらエリンギとしめじを加えて炒めます。
⑤中華スープの素、水、小松菜を入れ、よく混ぜます。
⑥塩コショウで味を調えたら出来上がりです。

≪ポイント≫
・きのこはあるもので大丈夫です。彩りに人参を入れてもキレイです。
・小松菜は2袋でもおいしくできます。
・フライパンひとつでお手軽にできます。

*中華スープの素 一般的にはチキンをベースにホタテの風味とゴマ油の香ばしさをプラスして、。簡単に中華スープができる便利な調味料です。今回のように煮物、スープ、炒め物に手軽に使えます。

 *エリンギ ヒラタケ科のきのこ。ヨーロッパ原産ですが、日本では1993年に台湾より導入され、栽培化された比較的新しいキノコです。最近では愛知県や静岡県、長野県などで栽培されるようになりました。傘は白っぽい褐色で茎に比べて小さく茎は白くて太い。しっかりとした肉質で、ビタミンB1や食物繊維が多く含まれています。バターソテーなど炒めるとシコシコとした歯ごたえがあります。