≪材料≫4人前
・タラ(甘塩)4切れ、長ネギ 12cm、人参 6cm、水菜 2束、エノキ 小1袋、コショウ 少々
・あん用調味料(めんつゆ3倍濃縮 大さじ4杯、みりん・片栗粉 各小さじ4杯、水300cc、鷹の爪 2本、焼き用油 大さじ2杯)

≪作り方≫
①タラはひと口大に切り、コショウをまぶします。
②水菜・エノキは3cmに切り、長ネギ・人参は長さ3cmの千切りにします。
③鷹の爪はヘタを切り、種を取り出して輪切りにしておきます。
④タラは表面をキッチンペーパーで軽く拭いて、片栗粉(分量外)を薄くまぶします。
⑤フライパンに油を入れて温め、④を入れて中火で両面を3分ずつ焼いたら取り出します。
⑥そのままのフライパンに水内外の野菜を入れて炒めます。
⑦全体が馴染んだら、水とめんつゆ、みりんを加えて煮立てます。
⑧煮立ったら、水溶き片栗粉を加えてとろみをつけます。
⑨水菜と鷹の爪を入れてサッと混ぜ合わせます。
⑩取り出しておいたタラを戻して、温めたら出来上がりです。

≪ポイント≫
・今回のタラは甘塩を使ったので、下味はコショウのみでしたが、生タラを使う場合は、塩コショウかコショウと塩麴を小さじ2杯まぶします。
・淡白な味のタラをたっぷりのあんを掛けることで、立派な和食のおかずになります。
・水菜と人参と鷹の爪で彩りもよくキレイです。

*あんかけは、葛粉(くずこ)、片栗粉の水溶き汁を加えてとろみをつけた調味料を掛ける料理です。大根、かぶ、イモなどの野菜や、魚介類などが用いられます。また豆腐や麺類の料理にも使われます。あんかけを用いた料理は、口触りが滑らかになり、冷めにくく身体が温まります。これからの寒い時期にピッタリの料理です。