≪材料≫4人前
・ゴボウ 1本、人参 2/3本、キュウリ 1本、玉ねぎ 1/4個、プリーツレタス 4枚
・ドレッシング用調味料(酢大さじ4杯、白いりごま 大さじ2杯、砂糖 小さじ2杯、塩 小さじ2/3杯、油 大さじ2杯)


≪作り方≫
①ゴボウはたわしで洗って、ささがきにして水にさらし、途中で2~3回水を替えながらアクを抜き、ザルにあげて水気を切ります。
②人参は皮をむいて、ゴボウと同じくらいのささがきにします。
③キュウリは縦半分に切り、厚さ2~3cmの斜め切りにします。
④玉ねぎは縦に薄切りにして水にさらし、ザルにあげて水気を切ります。
⑤ボウルにドレッシング用調味料を入れてよく混ぜ合わせます。
⑥フライパンに油を熱し、強火でゴボウを炒め、油が回ったら人参を加えてさっと炒めます。
⑦⑥を熱いうちに⑤のボウルに入れて混ぜ、そのまま冷まして味を馴染ませます。
⑧冷めたらキュウリと玉ねぎ、白いりごまを加えて全体を混ぜ、レタスを敷いた器に盛れば出来上がりです。


≪ポイント≫
ゴボウを炒めるのは、完全に火を通しておかないと調味料を加えたときに水分が出て味が薄くなってしまうからです。またシャキシャキの歯ごたえも残ります。材料にはプリーツレタスとありますが、添え物なのでなければ何でも大丈夫です。


*プリーツレタスは、最近登場してきた種類で、結球していないのが特徴です。こうした新しい種類のレタスは、LED照明を使った水耕栽培の植物工場で作られています。ふんわりとした食感とまろやかな味わいが美味しく、柔らかく大きな葉はお肉などを巻いたり、パンにはさんだりするのにピッタリです。葉の先が縮れているのでサラダに使うと見た目が鮮やかになります。