≪材料≫4人前
・鮭 4切れ、ほうれん草 1/2束、ミニトマト 12個、レモン 1/2個
・塩コショウ 少々、小麦粉・オリーブオイル 適宜、バター 30g、醤油 小さじ2杯

≪作り方≫
①下ごしらえとして、鮭に塩コショウを振って、馴染んだらペーパータオルで水気を拭き取ります。
②①に小麦粉を薄くまんべんなく振り掛けます。
③フライパンにオリーブオイルをひいて、鮭を皮が見える側から中火で焼きます。
④全体に焼き色が付いたら、裏返してフタをして同様に焼きます。
⑤フライ返しで持ち上げたときに、ピンとなっていたら皿に取り出します。
⑥フライパンに残った油をキッチンペーパーで拭き取って、中火にしてバターを溶かします。
⑦⑥に醤油を入れて火を止めます。
⑧鮭を焼いている間にほうれん草を4㎝に切って、サッと茹でて水を切っておきます。
⑨⑤に⑦のソースを掛け、ミニトマトと⑧とレモンの輪切りを添えます。

≪ポイント≫
鮭は臭みが強いので、下ごしらえをキチンとしましょう。
小麦粉を振るときは茶こしを使うとまんべんなく掛けられます。
添える野菜は、インゲン、パプリカ、絹サヤ等でもいいです。
 
*鮭は、日本人の魚離れが進んでいると言われている現在でも、一人当たりの消費量が増え続けている子供から年配者の方まで人気の高い魚です。

甲殻類などのエサの色素の関係で赤い身に見えますが、実は白身の魚です。養殖や冷凍ものは生で食べることもできます。

スーパーマーケットで売られている鮭は、だいたい6種類あります。普通に鮭と言ったら『白鮭』と言われるものを指し、スーパーマーケットで必ず売られている最もスタンダードな鮭です。白鮭と言う名前では売られていなくて、獲れる時期や場所によって『秋鮭』『時知らず』『時鮭』と商品名が変わります。

レシピのムニエルの他に塩焼き、フライ、鍋ものと色々に料理できます。