≪材料≫4人前
 ・里芋 5~7個、小松菜 1束、玉ねぎ 1個、シメジ 1株、ベーコン 4枚、水 100㏄
 ・とろけるチーズ 適量、 バター 20g、油 少々、酒 大さじ2杯、味噌 大さじ1/2杯
 ・ホワイトソース用(バター・小麦粉 各30g、牛乳 300cc)

≪作り方≫
①玉ねぎは薄切り、ベーコンは1㎝幅に切り、小松菜は5cmに切っておきます。。
②里芋は皮を抜いて、1㎝の輪切りにして、電子レンジで5分チンします。
③バターと少量の油で玉ねぎとベーコンを炒めます。
④玉ねぎがしんなりしたら、塩コショウ(分量外)をします。
⑤チンした里芋を加えて、水と酒とコンソメを入れて20分ほど弱火で煮ます。
⑥ホワイトソースは、バターと小麦粉を耐熱ボウルに入れ、電子レンジで2分チンします。
⑦溶けたバターと小麦粉をよく混ぜたら、分量の半分の牛乳を少しずつ入れて混ぜます。
⑧滑らかになったら、電子レンジで2分チンします。
⑨残りの牛乳も少しずつ入れて、滑らかになったら、電子レンジで2分チンします。
⑩フライパンにまだ水分が残っている状態で、味噌を入れて更に5分煮込みます。
⑪5分経ったら耐熱容器に移して、小分けにしたしめじと小松菜を盛ります。
⑫耐熱ボウルのホワイトソースを流し入れて、とろけるチーズをのせます。
⑬オーブンで20分ほど焼いたら出来上がりです。

≪ポイント≫
  今回は小松菜を使いましたが、ほうれん草等でも美味しいです。  
  はじめに里芋をチンしたときに硬くても、後で煮込むので大丈夫です。  
  煮込むときは、焦げやすいので気をつけてください。

*里芋は、原産地がインド東部からインドシナ半島で、日本では、縄文時代から栽培されていて
江戸時代までは、芋の主役だったと言われています。関東で多く栽培されています。里芋は根のように見えて、実は茎が肥大したものです。株の中心に親芋ができ、その周りに子芋が増えていきます。

里芋は低温と乾燥に弱いので、保存する際は軽く湿らせた新聞紙に包んで冷暗所におくか、発泡スチロールの箱や段ボール箱に入れてもいいです。