お客様は、群馬県桐生市の自宅の1階が仕事場で2階が住居、ダンナさんと奥様の2人とオスの愛犬で暮らしています。

高崎市の家事代行の会社に断られてしまい、ずっと群馬県で家事代行を探していたそうです。足利は隣ですが、県外なので盲点だったそうです。とても困っているので、すぐお願いしたいとのことでした。

社長が訪問、見積もりに行きました。主に掃除、それと奥様が年に1回、10日位海外旅行にいくので、その時にダンナさんの食事を作ってほしいとの依頼でした。

足利の家事代行スタッフが作業に入ることになり、初回はやってもらいたいこととやり方や洗濯物のたたみ方などの説明を受けながら作業しました。作業中は、犬が吠えながらまとわりついてきました。(基本はゲージに入れるようにお願いします。)

午後からの作業なので、昼食で使用した食器等の洗い物から始まり、ついでにガス台やシンクを掃除します。次に洗濯物をたたみますが、シャツなどのトップスのたたみ方に特徴がありました。

次に各部屋の掃除機とモップ掛け、寝室は言われた日にはやりました。モップは柄の先に雑巾を挟むタイプで、2枚セットで挟んで拭くこと、途中で必ず雑巾をゆすぐこと、和室の畳はよく絞った雑巾で拭くことと言われました。

その後、お風呂と洗面台を掃除します。初めの頃は、これだけで2時間掛かっていましたが、1ヶ月も経たないうちに要領を得て少し時間が余るようになったので、プラスでキッチンの棚の掃除・整理、トイレ掃除、冷蔵庫内の掃除、ベッドマットの下の乾燥シートを敷く手伝い、空気清浄機の掃除なども頼まれるようになりました。

オーブントースターを掃除してほしいと言われて、中はモチロン、外側も磨いたら、『ずいぶんキレイにしてくれたわね』と喜んでもらいました。
ダンナさんの提案で、作業に入る前に家事代行スタッフが犬におやつを与えたら、後はついてくるけど吠えなくなりました。以来、まずはスティック状のおやつを2本、『お座り』と言ってお座りさせて、少しずつ与えてから作業に入りました。

やる内容は大体決まっているので、途中で何か頼まれない限り順番通りに作業します。奥さんはほとんど仕事部屋にこもっています。分からないことや聞きたいことがあれば、声を掛けて聞きます。

奥様は甘い物が苦手で、ワインが好きです。たまに頂き物のお菓子などをお土産に持たせてくれました。空気清浄機の掃除は、専用の掃除機でフィルターの汚れを吸い取った後、雑巾で本体全部拭きました。

急須は高い物なので、洗った後カゴではなくて別に置いておくように言われました。

毎週1回のペースで伺っていましたが、5月の2週目に『そちらに何かあった訳ではないし、スタッフさんにもとても良くしてもらったのですが、家の状況が変わったので、申し訳ないけど終わりにしてください』と奥様から電話があり終了となりました。