宇都宮市の1軒屋で犬2匹と暮らしている方です。 バーに勤めていて、彼と半同棲しているそうですが、片付けができないのと料理等の家事を教えてほしいとのことでした。初回は、スポットでお願いして、良かったら定期契約にすると言われました。

社長と足利の家事代行スタッフが訪問、見積もりに行きました。話をしているうちに定期契約することになりました。一見すると、それほど物は多くないし、散らかっているようには思えなかったですが、ご自身はもっとスッキリさせたいとのことでした。

ご自身はほとんど家事をやらないそうで、どのように片付ければいいのかも分からないので、教えてもらいながら一緒にやりたいとのことでした。今後、シェパードを飼う予定とのことでした。

宇都宮の家事代行スタッフが入って、リビングの片付けや料理、洗濯などをやりました。1ヶ月過ぎてから『他の家事代行スタッフの仕事ぶりを見てみたい。今の方がダメというわけではなく、自分の伝え方が悪いのかもしれないけど思ったようにならないので・・・』と言われました。応じないわけにいかないので、小山の家事代行スタッフと別の家事代行スタッフに1度入ってもらうことにしました。

予定した日に雪が降り、スタッフの安全のためお客様に日時を変更してもらいたいと電話しました。お客様に別の日を指定してもらったので、『希望日にスタッフが入れるか確認しますね』と言ったところ、面倒くさそうに『はい』と言われました。

すぐに小山の家事代行スタッフに確認してOKだったので、お客様に大丈夫ですと伝えました。間もなくお客様から電話がきて、『すいませんけど、解約したいのですがどうすればいいですか』と言われてしまいました。『分かりました。

この電話でお受けします。ありがとうございました』で終了となりました。