≪材料≫4人前
・豚バラ肉 400g・ナス 中4個・ピーマン 3個
・豚バラ下味用(醤油、酒 各小さじ2杯・片栗粉 適量)
・ピリ辛タレ用(味噌、酒 各大さじ4杯弱・オイスターソース 大さじ2杯
・豆板醬、おろしにんにく(チューブ可)各小さじ2杯)
・炒め用ゴマ油 大さじ3杯

≪作り方≫
①ナスはヘタを落として乱切りにして、水に5分ほど浸してアクを抜きます。
②豚バラ肉を5cm幅に切って、下味を付けます。片栗粉は焼く直前にまぶします。
③ピリ辛タレの材料をよく混ぜておきます。豆板醬はお好みで増減してください。
④フライパンにゴマ油を入れて、ナスを炒めます。火が通ったら一旦取り出します。
⑤下味をつけた豚バラ肉に片栗粉をまぶして、④のフライパンでよく炒めます。
⑥豚バラ肉に火が通ったら、ピーマンを入れて軽く炒めます。
⑦フライパンにナスを戻して、③のタレを回し入れ、全体によく絡めたら出来上がりです。

≪ポイント≫
 豚バラ肉に下味をつける際は、ビニール袋に入れて揉み込むといいです。
 片栗粉をまぶす際も、片栗粉を入れたら空気を入れて膨らませて振ると上手くできます。
 
*ナスと油の相性は抜群です。この時期のナスは、昼夜の気温差で身が引き締まり、皮が薄くて柔らかく、アミノ酸や糖が増えて美味しいです!  
 
『秋ナスは嫁に食わすな』と言うことわざ、『秋ナスは美味しいので嫁に食べさせるのはもったいない』とか『ナスは種が少ないので縁起が悪い』とか意味には諸説あるようですが、ただでさえ嫁姑問題が多い現代です。『ナスは身体を冷やす作用があるので、秋になって気温が下がってお嫁さんの身体を気遣った』ということにしてはいかがでしょう。 

身体を温める生姜などを使ったナスのレシピもありますので、この時期の美味しいナスを使って色々作ってみてください。