9月分のメニュー紹介『タコの酢の物(副菜)』


≪材料≫4人前
 ・タコ(茹でてある物) 100g、きゅうり 1本、カットわかめ(乾燥)約大さじ1杯
 ・合わせ調味料(酢 大さじ3杯、砂糖 大さじ1と1/2杯、醤油 大さじ1/2杯

≪作り方≫
①きゅうりは洗って、薄い輪切りにしてひとつまみの塩でもんでおきます。
②タコは5mm位の輪切りにします。
③わかめは沸騰してお湯でさっと湯通しして、流水で洗って、水を切っておきます。
④ボウルに合わせ調味料を入れてよく混ぜておきます。
⑤水気を絞ったきゅうりとタコとわかめを④に入れて和えれば出来上がりです。

≪ポイント≫
  酢とタコの旨みを活かし塩分控えめになっています。針生姜、大葉、茗荷を入れるとグッと大人の味になります。ゴマを振りかけてもおいしいです。

*タコは欧米では『デビルフィッシュ』と呼ばれ敬遠されていますが、日本では幅広い料理に利用され、ヘルシー食材としても注目されています。

9月分のメニュー紹介『いんげんの胡麻和え(副菜)』


≪材料≫4人前
 ・いんげん 200g、塩 適量
・いりごま(すりごま可)大さじ3杯、砂糖・醤油 各大さじ1杯強

≪作り方≫
①いんげんは、ヘタや筋を取って、塩を入れて沸騰したお湯で2分茹でます。
②冷水に入れて素早く冷まし、水気を切って、3cmに切ります。
③いりごまは、すり鉢で荒く擦ります。(すりごまの場合はそのまま使います)
④ボウルに砂糖と醤油を入れて、③を加えてよく混ぜます。
⑤ボウルにいんげんを入れて和えれば出来上がりです。

≪ポイント≫
茹でたいんげんを冷水に入れて素早く冷ますと緑色が鮮やかです。水気はしっかり取らないと味がぼやけてしまいます。

*いんげんは栄養豊富で、茹でる、炒める、揚げる等色々に調理できる便利食材です。