お天気のよい日に玄関を解放します、下駄箱の上にあるものを全部外にシートを引いて出します。水吹き出来る物はふいておきましょう、ふけない物ははたきをかける優しくかけてください。  

便利な1oo均一に小さなホウキとちり取り、はたきなどが便利です。次に下駄箱の中身を全部出して日頃のホコリや履かない物は断捨離して下さい。

お子様の成長はやはく下駄箱の中がいっぱいになってしまう原因は小さくなってしまっても、もう履かない靴をしまって置くことです。
デザインもありますから、1年履かない物は今年も履かない事はたくさんあります。

靴の裏を水ふきしてしばらく天日干しにして下さい。下駄箱の中はわりと湿っておりまして時々解放してあげないとこの時期カビが生える原因になります。

カビは湿気と暗い場所を好みますので、お風呂とかは小まめにカビを気にするんですがわりと気にして頂けないのは下駄箱です。

さあ出かけようと靴を出した時カビが生えてしまって困ったって事にならない為に冠婚葬祭等は不定期に訪れますから出した次いでに磨いておくのもオススメです、玄関に結露が付くご家庭は特に気を付けて下さい。 

マンション等は下駄箱も小さく靴をおける場所が少ないので家族中の靴が玄関に出しっぱなし中を整理する事でこの煩わしさも減りスッキリしますね。 

玄関マットがある場合は外に出します。小さなお子様、ペットがいらっしゃる場合外に出てしまわないよう気を付けて下さいね。開け放しに出来るならばしばらく風を通しておけるならば階段、廊下を一緒に仕上げて行きましょう。 

開け放しに出来ない場合はこの時点マットを出した時に閉めて下さい。先ほどの小さなホウキで階段の隅っこはホコリをかき出せます。

上から下に小さなちり取りも便利出です、ホコリが散らばりにくく何度手間が省けますし、掃除機はめんどくさい、重いしと階段にホコリが溜まりと一階と二階をつなぐ階段はわりとめんどくさがられてしまいますが簡単便利なお掃除道具を見つけると楽しくなります。

同じに一気に廊下をはたきをかけて、掃除機で仕上げて行きましょう、その後階段から廊下を上の方から水吹きします、ドアは先にふいて下さい。階段から廊下玄関まで水吹きするとスッキリします。
 
ワックスをかける場合も上からです、ホコリをきちんと取ってないと仕上がりが綺麗になりません。小さな落とせない物はマジックの落書き等は激落くんを水で濡らしてドアノブまで綺麗にピカピカするとハウスクリーニングを受けた感じになります。

プロに仕上げて頂いたようなお掃除を是非マスターして下さいね。マットを戻して靴しまえば階段、廊下、玄関は終わりです、月に一度しっかりお手入れする事で約2時間くらいでしょうか日頃のお掃除が簡単になります。

玄関の中と外のドアを吹くのを忘れないで下さいね。玄関にお花を飾って見たり、リースをアレンジしてみたり楽しんで見て下さい。変化を取り入れると又お掃除の時期もつかみやすくなります。季節のデコレーションなんかも可愛です。