ヘルパーには、日常的な家事を提供する「生活援助」と食事介助、入浴介助、排泄介助あるいは歩行介助など、直接利用者の身体に触れる「身体介助」の2種類に分類されます。

「生活援助」で提供できるのは、援助を必要とする本人に対してのみです。掃除を行えるのは、あくまでも利用される本人の部屋や、トイレなどの共用部分に限られます。洗濯や料理も本人のみに対してのサービス提供となります。

「話し相手になって欲しい」「通院の間、診療が終わるまで病院で待って欲しい」「一緒に散歩に行って欲しい」などは原則できません。
買い物については「調理」がケアプランに盛り込まれており、そのために必要な材料を買うのはOKだが、「洗剤が切れているから来る途中で買って来て欲しい」などのケアプランに明記されていないお願いは原則頼めません。

同様に「郵便物を出して来て欲しい」「銀行でお金をおろして来て欲しい」「新聞を代読して欲しい」などの、代行サービスも原則できません。ただ、利用者の心身が不自由で、身体障害者として認められている場合などは、その限りではありません。

このように、ヘルパーの「生活援助」に関する部分は家事代行のサービスで行うことができます。